花粉は日本だけではない

花粉症は万国共通です。

スギ花粉症は日本だけのものでしたが、最近では中国でもスギ花粉症患者が発見されました。
また、花粉症の原因となる植物は国や地域によって違います。


花粉症が花粉症として認知されたのは1800年代のはじめのイギリスです。
牧草にするために枯れ草を扱う農夫の間で、くしゃみ、鼻水、発熱などの症状が頻発し、これを総称して「hey fefer=枯草熱」と呼ばれ、草に付いた花粉が原因だということが分かりました。


そしてそのイギリスをはじめヨーロッパ各地、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド・・・各国で花粉症患者が急増しており、イギリスでは国民の10%が、アメリカでは10〜20%が花粉症といわれています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。