風邪と花粉症の違い

風邪の場合のくしゃみ・鼻詰まりが続く期間は、せいぜい1週間といったところ。

1日しっかり休養を取れば治ることもあります。
しかし花粉症のそれは2〜3ヶ月にもなります。
また、風邪の場合の鼻水は最初は水のようですが、段々と粘りが出てきて膿の様になってきます。


目の痒みは花粉症特有の症状であり、風邪にはありません。

熱はどうでしょうか。


風邪の場合には40℃を出すこともあるし、比較的高熱を発しますが、花粉症の場合には微熱程度です。
また風邪は熱に下痢の症状を伴うことがありますが、花粉症の症状は首から上に集中します。


風邪の症状はその日の天気に左右されることはありませんが、花粉症の症状は晴天で風邪の強い日は特に悪化し、雨の日や夜間は比較的治まります。
こうした症状の違いに注目すれば風邪か花粉症かの見当はつきますが、最終的には医師の診断を仰ぐべきでしょう。


普通は風邪の場合には内科、花粉症の場合には耳鼻咽喉科へ行きますが、科に関係なくアレルギーの知識はすべての医師に普及しているので、よりきめ細やかな対応をしてくれる医師を選びましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。